2012年01月21日

私の経験上○○

「私の経験上○○は良くないのでお勧めしない」とか
「私の経験上○○をしてもろくなことにはならない」とか
経験者の立場から言わせてもらうと・・・
みたいなことって巷でよく言われてるかと思います。

これってどうなの?
と考えに考えた挙句わからないのでメモ。

”言ってる人”の立場からすれば、「自分の経験で悪かった点を、これからその道を通ろうとしてる人に対して教えてあげることによって、自分と同じ過ちは犯さず最短ルートで自分のような立場になる道を示してあげたい!」というのが本音でしょう。

それを”言われた人”からすれば「ふむふむ、なるほど。そういうときがあったら気をつけよう!ありがたいぜ。教えていただいて。」と、よほど私のようにあまのじゃくでなければ、そう思うでしょう。

でも、

数々の成功談の他に数々の失敗談があって、そこからまた学んだことにより今のあなた(言ってる人)があるのではないのだろうか。

そうすると、

ある意味「こういうことをしていくといいよ!」「こういうことはやめといたほうがいいよ!」というある種マニュアル的な方法が、本当に”言われた人”にとって役に立つことなのか?
どうなのか?


どっち!?
posted at 21:32
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:私の経験上○○
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53224329
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック