2009年07月10日

男女関係と日本の歴史

前回の続きというわけじゃないですが今回も歴史の話。


土橋治重著/織田信長 あっという間に読み終わりました。
信長だけでももう何冊目の本だろう?


歴史は真実の話か不透明の部分が多くそれだけに同じ人物の話でも毎回違うルートで伝えられてる話であったりして、またそこに著者の脚色が加わっていて、毎回新鮮な感じで読破できる。


結構実際の話かわからないという点が嫌だという人もいますが、そこにいろいろなファンタジーな面を載せることが出来るので私はその部分が好きでもあったりします。


そして、「もしもあの時・・・だったなら?」的なことや「なぜアノ人は・・・をしたのか?」「何のために・・をしたのか?」といったことを勝手に考えて楽しむのです。


しかしながら時々真実も知りたくなるものです。


特に謎に満ちた光秀の謀反なんかがそれです。


信長に関する書物には必ずといっていいほど著者の憶測?で謀反の理由が述べられているのですが、光秀謀反の理由としては今回の書籍が自分とほぼ同意見でした。


でもやっぱりそれが正解です。真実です。ということになったら少し寂しくもなります。


男女の中で言うと付き合う前の心ときめく状態と付き合い始めた後の冷めた状態(笑)といったところでしょうか。


やはり謎の部分は謎のままでよいのかもしれません。

織田信長?
posted at 19:56
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:男女関係と日本の歴史
2009年07月08日

飛び方は落ち方がわかるまでわからない

成功哲学みたいな話でタイトルのような言葉を聞いたことがあります。

ようするに失敗を経験しなければ成功することはないという意味の言葉だと思うのですが、全くその通りだなと思う反面、今の自分は失敗という失敗を経験してないから成功することはないのかな?
それともこれから大きな失敗を経験するのかな?(それもヤだな・・)と何気に考えてしまった。


確かに世の中の社長さんとかの昔話を聞いたりすると不渡りで自殺も考えたとか、ホームレスになったとか、会社をいくつかつぶしてるとかいろいろ聞きます。そういう話が好きなわけじゃないけど、どちらかというと自慢話に聞こえてしまい嫌いな方なんだけど、でも一応そういうことは聞きます。


そういった失敗とか挫折とか困難な状況を体験した(底を味わった)からこそ、なしとげられる力というか、そいうものは凄く共感できます。


そしてそこには必ずといっていいほどキーパーソンとの出会いがあったりとかして、そうこうするうちあれよあれよと成功していくみたいな!


幕末の薩長同盟が幕府を倒したのもそのようなもので、長州藩にしたら禁門の変、長州征伐でずたずたの上、四国連合艦隊の下関砲撃で壊滅的な被害を受けて瀕死の状態、薩摩藩にしても薩英戦争で完膚なきまでに叩きのめされ外国の脅威というものを目の当たりにしました。

でも、そんなときに坂本竜馬に出会い・・・みたいな。


これもやはり底を見たものの力というものでしょう。


結構、歴史は繰り返されるというと例が少し違うかもしれないが、歴史から学ぶことは大いにあると思います。

日本の歴史において起こった出来事に関して「なぜ?」ということを常に考えていくことが私にとっての最大の成功哲学であり行動指針になっています。
posted at 22:22
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:飛び方は落ち方がわかるまでわからない
2009年06月14日

6.3ヤフーフルアップデート

ブログのデザインをリニューアルしました。
前は真っ黒でかなり暗い印象だったので。
といっても明るくなったわけではないですが、前よりはいいかと。


6月3日にヤフーのフルアップデートがありました。
以前、5月末に、とあるサイトがTDPにかかったということを
ブログに書いたのですが、今回のフルアップデートで所有サイトの順位が軒並み下がってしまいました。

以下は所有サイトの中からピックアップした二つのサイトのメインキーワードでの順位結果グラフです。





両方とも6月3日を境にあきらかにヤフーの順位が下落しているのが伺えます。(順位は50位までしか表示されなく設定しています)

また、両方ともその後のグーグルの順位に変動が出てるのはヤフーの順位下落を受けて大幅にサイトを修正しているからです。

興味深いのはこの大幅なテコ入れにより一方ではグーグルの順位が上がり、もう一方ではグーグルの順位が下がっている点です。

そしてグーグルの順位が下がってきてる方ではヤフーの順位が戻る気配を見せています。他のサイトに関してもそのような兆候が見られます。

今回、行ったテコ入れ方法を考慮していけばおのずとグーグル対策、そしてフルアップデート後のヤフー対策が見えてきそうな、そんな感じです。


で、問題の施した対策ですが、

上の画像のサイトは
外部発リンク、リンク切れの削除
トップページのテーブルタグの削除
トップページのメイン以外で出現頻度の高かったキーワードを全て削除
それとページ数を倍に増やしました


下の画像のサイトは
タイトル、メタキーワード、ディスクリプションの変更
トップページコンテンツの修正、変更
相互リンクページを3ページに分割

といったところでしょうか?



原時点でのまとめ
上のサイトの画像はヤフーの順位が戻りつつあるがグーグルで順位を落とし始めている。
下のサイトの画像はヤフーでは評価されてないがグーグルでは評価を上げている。

ヤフーではキーワードの出現頻度、コンテンツの充実、テーブルタグの削除が有効(比較的テーブルタグを多用しているサイトが軒並み順位を落としているので何か関係ありそうです)

グーグルではタイトル、メタタグの最適化、被リンク数といったところでしょうか。私の作るサイトは毎度のことですがグーグルにおいては高評価を得ているので今まで通りといったところでしょうか。


今回のフルアップデートではグーグルとヤフーでは全く別のSEO対策を施さなければいけないということが顕著に見られるのが特徴のようです。

コンテンツのヤフー、被リンクのグーグルとはよく言ったものですが、この2大検索エンジンの特徴をしっかりと把握してそれぞれのSEO対策をしていくことが今まで以上に求められるようになってきたのかもしれません。
posted at 23:53
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:6.3ヤフーフルアップデート
2009年06月13日

バックトゥーザフューチャー

ここ3日間、バックトゥーザフューチャーを1,2,3と立て続けに観た。テレビ東京で昼間に放送してたのをSOHOの特権とばかりに楽しく見させていただいた。

会社勤めだと中々こういうことは出来ないですからね。でもHDに録画してCMなしに自分の時間の良いときに観るというのが本当は賢い時間の使い方なのかもしれませんが、それはそれでおいときます。

で、このバックトゥーザフューチャーですがはじめて見たのが小学生の時なんですが、あれから24年経ち、中年のおっさんが見ても面白いというのはすごいなーと、そこに感動してしまいました。

バックトゥーザフューチャー2では未来に行くのですがそれがまた非常に面白い。2は1989年に制作されたのですが映画の中の未来は2015年の設定。
2009年の現在からみるとかなりもうすぐの世界です。

その未来では空に高速があって車が空を飛んでたり、
宙に浮くスケボーがあったりまるで夢の世界です。


でも確かに子供の頃は21世紀になったら車が空を飛ぶ時代になると信じていた部分があり、思ってるほど時代の流れは速くないんだなーなんて思ったりしました。

GMも破綻してしまった今、そんな未来は果たして訪れるのでしょうか?


漫画にしても音楽にしてもスポーツにしても面白いもの、好きなものというのは年を重ねるにつれ変わっていくものなのに映画は小学生だろうが大学生だろうがおじさんだろうが面白いものは面白い。
特にバックトゥーザフューチャーは。

私もその時、その一瞬だけの仕事ではなく何十年もこの先残るような仕事がしてみたいと改めて思った3日間でした。
posted at 14:39
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:バックトゥーザフューチャー
2009年06月05日

トップページダウンペナルティー

5月の末にヤフーのインデックス更新、グーグルのページランク更新と2大検索エンジンに不穏な?動きがありましたが、少々やっかいなことになってしまいました。

まず、グーグルに関してはページランク2のサイトが3になりました。これでページランク3のサイトが3つに増えました。しかしページランク1のサイトがひとつ0になってしまいました。(泣)
数ヶ月もの間、完全ほったらかしだったから・・?

でもまあまあグーグルのインデックス状況は相変わらずどれも調子がいいので良しとします。

問題はヤフーです。
相変わらず上下動が激しく一体何をどうしたいのか別の意味でヤフーのアルゴリズムを知りたかったりもするのですが、なぜか所有している一つのサイトがTDPにかかってしまったぽいです。

TDP・・・トップページダウンペナルティー

通常、ターゲットキーワードで検索した場合にサイトのトップページが検索結果に表示されますが、それが表示されないのです。1ページ目とかそういう問題じゃなくてサイトのタイトルを入力したとき以外は全く表示されません。
インデックス削除との違いは、表示されないのがトップページだけで、他のページはキャッシュされてるという点です。

おかげでここ一週間かかりっきりです。
正解のない作業だけに先が思いやられます。

グレーな被リンク?
キーワード出現率?

全然問題ないように思うのですが・・とりあえずページ数を増やしてキーワードやリンクを分散させて、内部からトップページへのリンクを増やしてみようと思っています。


それにしても悔しい!
posted at 00:22
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:日記
エントリー:トップページダウンペナルティー